未分類

最短で高得点を狙うテスト勉強のやり方[大学生が教える超アウトプット型勉強法]

テストまであと1週間しかないのに、テスト勉強のやり方がわからない。

そんな悩みを図を用いながら解説します!

テスト勉強は時間をかけたからと言って成功するものではありません。正しい勉強法を知ることで効率を上げよう!どうせならうまくできるだけ短時間で勉強して遊びたいよね。

本記事では効率的なテスト勉強にするために行うべき、『超アウトプット型勉強方法』を紹介!

本記事を読めば、超アウトプット型勉強法の方法が理解でき、今まで行っていたインプット型の弱点が明確に理解できます。この機会にあなたの勉強方法をガラッと変えちゃいましょう!

本記事の内容

  • 最短で高得点を狙う鍵はアウトプット!?
  • テスト勉強におけるアウトプットとは
  • 超アウトプット型勉強法の具体的な方法
  • まとめ

本記事の信頼性

ブログ運営3か月目にして月間pv数1500突破。マーケティングとブログ運営を掛け合わせた視点で様々な情報発信をしている大学生(21)わからないところなどがあれば一人一人お答えします。

最短で高得点を狙う鍵はアウトプット!?

ここでのキーワードは『最短で高得点を狙う』ということ。最短で高得点を狙うためには効率を最大化する事が大切!テスト勉強が好きなんて人は滅多にいない。僕もできるくらいならしたくない。

しかし、学生である以上テスト勉強とは今後関わっていくんだと思います。それは僕も同じだし、これからみんなが大人になり会社に入り昇進試験を受ける。そんな時も同じです。大切なのは『限られた時間で最高のパフォーマンスをする』ということ!

ここで、最短で高得点を狙う鍵は『アウトプット』です。

テスト勉強におけるアウトプットとは

アウトプット型勉強とインプット型勉強をすごーく簡単に説明すると、『手を動かすか、動かさないか』つまり、データを頭に入力するのが『インプット』データを出力するのが『アウトプットです』

今回実践してほしいのは『超アウトプット型勉強法』インプット型では自分の弱点が把握できないため、なかなか最大効率で勉強する事が難しい。

しかし『超アウトプット型』にすれば自分の弱点が把握できるため、『何が理解できていないのか!?』が把握でき、そこに集中して勉強に取り組む事ができる。

インプット型の勉強では『何が理解できていて、何が理解できていないか』を把握できていないため、テスト後にあんなにたくさんやったのに結果が出ないという最悪の状態に陥る。本当にこれだけなんです。

自分の弱点を知るのは恥ずかしいことではないし、あなたがわからないところは質問すればみんなわかっていないような内容がほとんど!『わからないのは成長のチャンスです』

超アウトプット型勉強法の具体的な方法

アウトプットとインプットを勉強に置き換えるとこんな感じ!まずアウトプットで自分を試す。そして間違えたものを中心にインプットの作業。このサイクルを何回も繰り返す。大切なのは、『まずはアウトプットから入るということ』

では、アウトプットとインプットの理想的な比率は!?(後日詳しく解説します)みんなは多分頑張ってテスト前に暗記をして。でも暗記は時間がかかって一周二週しかできなかった。さあ明日はテスト。こんな経験があるんじゃない!?

アウトプット中心の勉強方法なら、仕上げまで完成!そしてテストでは8割以上取れていた!僕も実際中学生の時は勉強が、大っ嫌い(今ももちろん好きではない)だったけど、模索して勉強方法をガラッと変えたら少しはマシになった。

だからこそ、できるだけ早く『超アウトプット型勉強法』を身につけてテストなんて怖くない。そんな風に少しでも感じてくれたら嬉しいです。

まとめ

どうでしょうか!少しは何か参考になるものがあったでしょうか!?もし少しでも参考になったのであれば幸いです。今回はアウトプットの大切さが少しでも伝われば!!

今後も価値ある情報を様々な分野で配信していくのでチェックしてみてください。よくわからなければTwitterからDM飛んでくれてもいいし、なんでもありです!使えるものは使う。これも大切なアウトプットです!

-未分類

Translate »

Copyright© TATSU BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。